ADHDの原因とは?ADHDは脳の障害、心の病や性格の問題とは違います。

人の横顔と電子回路を組み合わせたイメージ図ADHDは落ち着きがないという症状ゆえ、本人の性格や育ちの問題や、心の病であると誤解されがち。

でも、ADHDは心の病でもなければ、本人の努力の問題でもなく、脳に原因のある発達障害です。

やる気が足りないから、教育が悪いからADHDになるのではありません。

ADHDの原因は完全にはわかっていませんが、脳内にある神経伝達物質という、情報を運ぶ物質の働きに大きな原因があることはわかっています。

スポンサードリンク

ADHDの人は、神経伝達物質ドーパミン・ノルアドレナリンの働きが弱い

私たちの脳内では、神経伝達物質という物質が情報のやりとりをしています。

神経伝達物質にはいくつかの種類があり、それぞれが異なる種類の情報を担当しているのですが、ADHDの人の脳は、その中でも学習能力や集中力などを担当している、ドーパミンやノルアドレナリンという物質の働きが弱いことがわかっています。

つまり、学習しよう、集中しようと思っても、その情報が脳内でうまく伝わらないんですね。

その結果、学習能力や集中力が低下して、落ち着きのなさや注意力散漫などの症状が出てしまうというわけです。

スポンサードリンク

原因がわかれば対策も可能。ADHDは薬でも改善する

処方箋の袋に入ったたくさんの薬のシートの写真原因があるということは、対策もできるということ。

ADHDの原因であるドーパミンやノルアドレナリンの分泌を強化することができれば、ADHDの症状も改善するということになりますよね。

そして、実際にそれができるのがADHDの薬。

現在日本では、ストラテラとコンサータという2種類の薬がADHDの治療に使われています。

これらは脳内のドーパミンやノルアドレナリンに働きかけることで、ADHDの症状である不注意・多動性・衝動性などの症状を改善する薬。

それぞれの薬の作用については、下記の関連記事で詳しく説明していますので、興味のある方はこちらをお読みになってみてください。

ストラテラがADHDに効果のある仕組みについて≫

コンサータがADHDに効果のある仕組みについて≫

理解されにくい障害であるがゆえの、ADHDの二次障害

ドーパミンやノルアドレナリンの不足は生まれ持った体質や骨格のようなもので、本人の意思ではどうしようもありません。

やる気が足りないから注意力が散漫になるのではなく、やる気があっても、それを脳内で伝える回路がないのです。

ですから、ADHDの人に対して、ミスが多いのは努力が足りないからだ、やる気がないからだと責めるのは非常に酷なこと。

本人も何とかしたいと思ってはいても、それをする機能がもともと脳に備わっていないので、頑張ってもうまくいかないのです。けれど、それが障害であるとはなかなか理解されません。

そのため、ADHDの人の中には、自分はダメなんだと自信を喪失してしまい、うつ病や不安障害などの二次障害を併発する人もいます。

でも、先ほど説明したように、ADHDは脳に原因を持つ発達障害。

できないのは自分のせいではなく障害だから。

そのことを理解すれば、本人も周囲の人も、少しは楽になれるのではないでしょうか。

bnr_adhdmanual_640
HPが少々怪しい印象を受けてしまうのですが、著者は発達障害のコーチング・カウンセリングを専門とする会社の経営者。机上の空論ではなく現場での経験から「どうすればADHDを改善できるのか」を具体的に教えてくれます。なかには驚くような内容もありますが、一度先入観を捨てて読む価値があるマニュアルです。

ADHD改善マニュアル公式HPへ≫