子供がADHDと診断されたら…?親が取るべき3つの対処

鉛筆を鼻の下に乗せた少年の写真うちの子供は、普通とちょっと違うかもしれない。

そんな疑問を持って病院に行ってみたところ、子供がADHDと診断された。

やっぱりと納得する反面、どうして、という気持ちや、将来への不安で、お父さん・お母さんも落ち着かないと思います。

もし、お子さんがADHDと診断されたら、どうすればいいのか?

子供がADHDと診断された時に親がすべき、3つの対処をまとめました。

スポンサードリンク

子供がADHDと診断された時の対処(1)
ADHDは育て方や性格の問題ではないことを理解する

おでこをくっつけた母娘の写真まず1番大切なのは、ADHDは両親の育て方や、子供の性格とはまったく別の問題だということを理解することです。

多くの親御さん、特にお母さんは、子供がADHDと診断されると、自分のしつけが悪かったからだと自分を責めてしまいがち。

でも、それは違います。

ADHDは脳の機能障害が原因だと考えられている、発達障害。

生まれ持った体質のようなもので、誰がどう育てたって、ADHDはADHDです。決してあなたの育て方が悪かったり、お子さん生来の性格に問題があるわけではありません。

関連記事)
ADHDの原因とは?ADHDは脳の障害、心の病や性格の問題とは違います。≫

大切なのは、障害とどう付き合っていくかどうか。

例えば、食品アレルギーのある子供がいる場合、アレルゲンとなる食品を避けて食事を作りますよね。

アレルギーが出てしまうのは体質的な問題で、気合いとか努力でどうこうなる問題ではないことはわかるかと思います。

ADHDだって、それと同じ。

どんな時にADHDの問題が出るのかを理解しておけば、先回りして対処できるようになっていきます。

スポンサードリンク

子供がADHDと診断された時の対処(2)
信頼できる病院・医療機関で治療を受ける

バインダーを広げてカウンセリングしている白衣の女性の写真ADHDはしつけや気持ちの問題ではなく、発達障害。

発達障害は、ある時自然に治るという性質の障害ではないので、もし子供がADHDであることがわかったら、専門機関で治療を受けることが大切です。

お子さんの今後のためにも、ADHDに精通した病院で治療や指導を受けましょう。

ADHDの治療には、大きく分けて薬物療法と心理療法の2つがあります。

薬で子供の行動を変えるということに、怖いイメージを持つ人がほとんどだと思いますが、ADHDの改善において、薬が大きな効果をあげているのは事実です。

先ほど、ADHDは脳機能に原因があると書きましたが、ADHDの薬は、ADHDの子供に欠けている脳機能を補うもの。

薬である以上、もちろん副作用のリスクもありますが、上手に使えば「普通のことが普通にできる」ようになり、子供本人にとっても大きな助けになります。

なぜ薬でADHDが改善できるのかという説明は長くなってしまうので、興味のある方は下記の関連記事をご覧ください。

コンサータがADHDに効果のある仕組み。なぜ飲み薬でADHDが改善できるのか?≫

ストラテラがADHDに効果のある仕組み。なぜ飲み薬でADHDが改善できるのか?≫

もうひとつの心理療法は、ADHDの特性を知り、問題行動が出ないようにする方法を学ぶこと。

子供のADHDの場合には、両親がADHDの子供を育てるためのペアレント・トレーニングという手法が広く使われます。

これは簡単に言うと、ADHDの子供を上手にしつけるためのコツを学ぶもの。

親にとっては「こう指示すれば聞いてくれる」、子供にとっては「こう言われればわかる」という指示の出し方や接し方を身に付けることで、ADHDとストレスなく付き合うことを目指します。

子供がADHDと診断された時の対処(3)
幼稚園や学校など、子供の生活環境に理解と協力を求める

先生2人と生徒2人が並んだクレイアートADHDの子供は、しばしば幼稚園や学校で問題行動を起こしてしまうことがあります。

教室内で落ち着きがなく動きまわったり、突発的に友達とケンカをしてしまったり…

また、周囲とうまくいかないことで、子供自身がストレスを抱えてしまうことも。

こんな時、これらの問題がADHDであるゆえなのだと理解してもらえるのといないのとでは、周囲の対応や感情にも大きな差が出ます。

子供がADHDと診断されたら、幼稚園や学校の先生にもすみやかに報告して、理解と協力を求めるようにしましょう。

bnr_adhdmanual_640
HPが少々怪しい印象を受けてしまうのですが、著者は発達障害のコーチング・カウンセリングを専門とする会社の経営者。机上の空論ではなく現場での経験から「どうすればADHDを改善できるのか」を具体的に教えてくれます。なかには驚くような内容もありますが、一度先入観を捨てて読む価値があるマニュアルです。

ADHD改善マニュアル公式HPへ≫