子供のADHDの特徴とは?よくある問題行動チェックリスト

積み木を前に座っている子供の写真ADHDの特徴は、不注意・多動性・衝動性の3つ。

多動性とは、じっとしていられないこと。

衝動性とは、外界の刺激にすぐ反応して注意を逸らされたり、思いついたことをすぐ実行することを指します。

ADHDの特徴を簡単に表すと、落ち着きがなく注意力が散漫、ということになります。

うちの子供は、他の子供に比べて落ち着きがないし、何かおかしい。

もしかして発達障害なのでは…?

そう思った時に簡易チェックリストとして使える、子供のADHDによく見られる行動例をまとめました。

スポンサードリンク

ADHDの子供によくある特徴(1)不注意

不注意・多動性・衝動性の3つの症状は、子供によってどの症状が強く出るかどうかの傾向が違います。

それぞれの特徴別に、ADHDの子供が日常生活でどのような問題行動が出やすいのかを具体例にしました。

まずは不注意から。ひとつのことに注意力が続かないという症状です。

  • ひとつの作業に長時間集中していられず、途中で投げ出してしまう
  • 忘れ物が多い、毎日使う道具をすぐに失くしてしまう
  • 何度注意しても、同じケアレスミスを繰り返す
  • 1対1で話しかけられいるのに、上の空で話をちゃんと聞いていない
  • ゲームや趣味など、自分の好きなことには驚異的な集中力を発揮することがある
  • ドリルや単純作業など、同じことを繰り返し作業することが苦手である
スポンサードリンク

ADHDの子供によくある特徴(2)多動性

続いては多動性。これは、長時間じっとしていられない、待つことができないという症状です。

一般的に、小さい子供ほど多動性が強く、年齢が上がるとともに治まる傾向があります。

  • 長時間席に着くことができない
  • 座っていても落ち着かず、そわそわと手足を動かしている
  • おしゃべりである、人の話を聞かず一方的に喋り続ける

ADHDの子供によくある特徴(3)衝動性

最後に衝動性。外部からの刺激に対してその場で反応してしまう特徴を言います。

何かを思い付くと、よく考えずにすぐ行動に出てしまい、我慢が効かないと言い換えることもできるでしょう。

  • 相手の話を聞き終える前に答え始めてしまう
  • 順番を待てない
  • 他の子供の作業に割り込んだり、邪魔をしたりする
  • 音などの刺激に反応して、すぐ注意が逸れたり、動き出したりする

ADHDは教育やしつけの問題ではなく、脳の障害

以上、ADHDの子供に見られる、不注意・多動性・衝動性の行動例を紹介しました。

これらは本人の性格や、育て方・しつけの問題だと思われがちですが、決してそうではありません。ADHDは脳に起因する発達障害。

ここにあげたような問題行動は、子供本人が意図的にやっていることではなく、脳に障害があるゆえに、やろうとしてもできないのです。

ですから、普通の子と同じようにできないことで子供を怒ったり、自分の育て方が悪いからだと親御さんが自分を責めるべきものではありません。

もし子供がADHDかもしれないと思ったら、早い段階で専門機関に相談し、診断を受けることをおすすめします。

ADHDの診断方法や、診断のできる病院については、下記の記事を参考にしていただければと思います。

ADHDの診断方法。ADHDはどこで、どのように診断するのか?≫

bnr_adhdmanual_640
HPが少々怪しい印象を受けてしまうのですが、著者は発達障害のコーチング・カウンセリングを専門とする会社の経営者。机上の空論ではなく現場での経験から「どうすればADHDを改善できるのか」を具体的に教えてくれます。なかには驚くような内容もありますが、一度先入観を捨てて読む価値があるマニュアルです。

ADHD改善マニュアル公式HPへ≫