社会人になって気付く「大人のADHD」とは?よくわかる大人のADHDの基礎知識

目を閉じて辛そうにしているビジネスマンの写真ADHDは、もともとは子供に特有の症状であり、成長すれば自然に改善すると考えられていました。

しかし近年になって、ADHDの子供のうち半数以上は大人になっても症状が継続していることがわかりました。

さらに、社会に出て仕事をするようになって初めて、自分がADHDであることに気付くケースも増えており、これらを子供のADHDと区別して「大人のADHD」と呼ぶようになっています。

大人のADHDとは何か?
改善することはできるのか…?

大人のADHDの症状や治療方法について解説します。

スポンサードリンク

大人のADHD、3つの特徴

ADHDには、大きく3つの症状があります。これは、子供であっても大人であっても変わりません。

  • 不注意 … 集中力がない、注意力散漫
  • 多動性 … 落ち着きがない、じっとしていられない
  • 衝動性 … 思いつきで行動する、待つことが苦手

実際の人物像でイメージすると、「落ち着きがなく、ひとつのことに集中できない。いつも思いつきで行動してしまい、計画性や段取りに欠ける」といったところでしょうか。

これだけ聞くと、誰にでも多少は当てはまるように思えるでしょう。

でも、ADHDは脳に原因のある障害であり、生まれ持った体質のようなもの。気分や性格の問題とは違います。

また、大人のADHDと診断される人は、成人後にいきなりADHDになったわけではありません。実際には子供の時からADHDだったけれど、症状が軽微だったり、性格の問題と思われて見過ごされていただけ。

それが、社会に出て仕事をするようになり、他者とのコミュニケーションや段取りを求められるようになったことで、問題が表面化したというケースが多いようです。

スポンサードリンク

大人のADHDによく見られるミスや行動

社会に出てから表面化する大人のADHDの具体的な行動としては、例えば次のようなものがあげられます。

  • 誤字・脱字、入力ミスなどのケアレスミスが多い
  • 仕事の締め切りや待ち合わせの時間などが迫っているのに、急に別のことを始めてしまい、時間を守れない
  • 優先順位を付けられない
  • 人の話を聞いていないことがある
  • いつも使うものや大切な書類をすぐに失くしてしまう
  • 相手の話を最後まで聞けず、途中で遮って話し始める
  • 急に気分が落ち込んだり、やる気がなくなることがある
  • 過食、衝動買い、ギャンブルなど、突発的で極端な行動に出ることがある

これくらいなら自分でもそういうことがある、と感じる人は多いかもしれませんが…

ADHDの人の場合、これらの行動が「ついうっかり」「たまに」起こるのではなく、本人の意思とは関係なく「いつも」起こってしまいます。

自分でもなんとかしようと思っているのに、普通の人と同じようにできない。そのため大人のADHDの人は、自分を責めたり、自信を失ってしまいがちです。

でも、先ほども少し触れたように、ADHDは脳に原因がある障害。努力ややる気が足りないということとは違うので、本当は自分を責める必要なんてないのです。

大人のADHDの原因とは

ADHDの原因は完全にはわかっていませんが、大きな原因のひとつに、脳内で情報を伝達している神経伝達物質の働きが弱いことがあげられています。

ADHDの人の脳では、ドーパミンやノルアドレナリンなど、学習能力や集中力を司る神経伝達物質がうまく働きません。

その結果、脳内に入ってきた情報をうまく処理できず、落ち着きのなさや注意力散漫などの症状が出ると考えられています。

大人のADHDの治療方法

ADHDは体質のようなものなので、治る、完治といった概念はありません。でも、障害の特性を知り、適切な対処法を知ることで大きく改善することが可能です。

現在行われているADHDの治療方法には、飲み薬による薬物療法と、心理療法とがあります。

薬で治療できるというのは意外かもしれませんが、ADHDの原因である神経伝達物質に働きかけることで、ADHD特有の症状を改善することができるのです。

ADHDの薬については、下記の記事で詳しく説明していますので、興味のある方はこちらもお読みになってみてください。

ADHDの薬コンサータの説明はこちら≫

ADHDの薬ストラテラの説明はこちら≫

心理療法では、感情や行動のコントロール方法を学びます。どうすれば問題を最小限にして生活できるのか、ADHDの取り扱い方を教えてもらうようなイメージですね。

大人のADHDの診断と治療が受けられる場所

大人のADHDの診断と治療は、心療内科や精神科で受けることができます。

どこの病院に行っていいかわからない、いきなり病院に行くのは抵抗があるという場合は、地域の精神保健福祉センターで相談するという方法も。

精神保健センターは各自治体に設置されている公的機関で、専門スタッフが電話や対面でメンタルヘルスの相談に乗ってくれます。

繰り返しますが、ADHDは努力の問題でも心の病でもなく、れっきとした障害です。

自分はもしかしたらADHDなのではと思い当たったら、1人で悩まず、一度相談してみてはどうでしょうか。

bnr_adhdmanual_640
HPが少々怪しい印象を受けてしまうのですが、著者は発達障害のコーチング・カウンセリングを専門とする会社の経営者。机上の空論ではなく現場での経験から「どうすればADHDを改善できるのか」を具体的に教えてくれます。なかには驚くような内容もありますが、一度先入観を捨てて読む価値があるマニュアルです。

ADHD改善マニュアル公式HPへ≫