ADHD治療薬ストラテラの副作用と依存性について

青と白のカプセルが入った薬のシートの写真どんな薬にも副作用はあり、ADHDの薬も例外ではありません。

ただ、行動に影響を与える薬ということで、普通の薬よりも、さらに副作用や依存性が気になる人が多いと思います。

ここでは、ADHDの代表的な治療薬であるストラテラの副作用と依存性について説明します。

スポンサードリンク

ストラテラがADHDに効く仕組み

神経網のように無数の線が張り巡らされたイメージ写真

ストラテラの副作用を理解しやすくするため、最初にストラテラがADHDに効く仕組みを簡単に説明しておきます。

ADHDの原因は、脳内で情報を伝達しているドーパミンやアドレナリンなどの神経伝達物資の不足にあると考えられています。

ドーパミンやノルアドレナリンは集中力や学習能力を司るので、これらが足りないと、脳に入ってきた情報を整理整頓することがうまくできなくなってしまうんですね。

そこで、ADHDの人に不足している神経伝達物質を薬で補おうと言うのが、ADHDの薬の基本的な仕組みです。

でも、補うと言っても、薬に直接ドーパミンやノルアドレナリンを詰めて飲むわけではありません。

脳内には、使い終わった神経伝達物質を片付けるトランスポーターという物質も存在するのですが、ADHDの人の脳ではこのトランスポーターの働きが過剰で、まだ必要な分までお片付けをしてしまいます。

例えて言うと、まだ料理を食べているのに、どんどんお皿を下げられてしまうような感じでしょうか。この場合、ウェイターさんに少々お仕事をサボってもらえば、ちょうどいいペースになりますよね。

ストラテラの仕組みも、その発想。

ストラテラは、ノルアドレナリンのトランスポーターに作用してその働きを弱め、結果的に脳内のノルアドレナリン分泌量を増やす薬です。

スポンサードリンク

ストラテラは作用範囲が狭いので、副作用や依存性が少ない

ストラテラはノルアドレナリンのトランスポーターという、ごく狭い範囲だけに作用するので、脳内への影響範囲が少なく、副作用も依存性も低いとされています。

ADHDのもうひとつの薬であるコンサータは、脳の神経に直接作用するため、使い方を間違えると依存性のリスクがあるのですが、ストラテラの場合、依存性や習慣性はほぼありません。

関連記事)
ADHD治療薬コンサータの副作用と依存性について≫

ストラテラの副作用一覧

ストラテラの販売元である日本イーライリリー社が公表しているストラテラの副作用一覧です。

ストラテラは最初、小児ADHD用の薬として販売され、2012年から大人のADHDにも適応された経緯があるため、副作用についても小児・成人のそれぞれで臨床試験の結果が発表されています。

小児ADHD患者の臨床試験で見られた副作用から。これらの症状は、ストラテラの服用開始初期に特に発生しやすいそうです。

  • 頭痛 … 21.6%
  • 食欲減退 … 15.5%
  • 傾眠 … 14.0%
  • 腹痛 … 11.2%
  • 悪心 … 9.7%

続いて、大人のADHD患者で見られた副作用がこちら。症状そのものは、子供も大人もそう違いはないようです。

  • 悪心 … 46.9%
  • 食欲減退 … 20.9%
  • 傾眠 … 16.6%
  • 口渇 … 13.8%
  • 頭痛 … 10.5%

参考)
日本イーライリリー社プレスリリース 2009年6月19日
日本イーライリリー社プレスリリース 2012年8月24日

bnr_adhdmanual_640
HPが少々怪しい印象を受けてしまうのですが、著者は発達障害のコーチング・カウンセリングを専門とする会社の経営者。机上の空論ではなく現場での経験から「どうすればADHDを改善できるのか」を具体的に教えてくれます。なかには驚くような内容もありますが、一度先入観を捨てて読む価値があるマニュアルです。

ADHD改善マニュアル公式HPへ≫