ストラテラがADHDに効果のある仕組み。なぜ飲み薬でADHDが改善できるのか?

青いカプセル薬の写真ADHDの薬物療法に使われる代表的な薬のひとつ、ストラテラ。

性格や教育の問題と誤解されやすいADHDですが、ADHDは脳に原因がある行動障害です。

薬による治療ができるのも、その表れ。気分の問題ではなく、脳のどこかに問題があるからこそ、薬で効果が出るということ。

ストラテラは、ADHDの人に欠けている脳の働きを補うことで、ADHD特有の落ち着きのなさや注意力散漫などの症状を改善します。

でも、飲み薬で行動が変わるというのは不思議ですし、どこか怖い印象を持っている人も多いでしょう。

ストラテラを飲むとADHDが改善できるのはどうしてなのか?

ADHD治療薬、ストラテラの効果の仕組みについて説明します。

スポンサードリンク

ADHDの原因は、神経伝達物質ドーパミンやノルアドレナリンの不足

ストラテラの効果を理解するためには、まずADHDの原因について知っておきましょう。

私たちの脳内には神経伝達物質というものがあって、それらが脳内で情報を運ぶ役目をしています。

ADHDの人は、脳内で集中力や学習を司る、ドーパミンやアドレナリンという神経伝達物質が不足しており、それらが注意力散漫や落ち着きのなさなどの症状を引き起こしていると考えられています。

情報が入ってきても、それを伝達する機能が弱いので、うまく整理整頓できないんですね。

ADHDの原因となる、これら神経伝達物質に働きかけることで脳の働きを助け、ADHDの症状を改善するのがストラテラです。

スポンサードリンク

ストラテラが脳内神経伝達物質に作用する仕組み

ストラテラがADHDの症状に効果があるのは、ADHDの原因となる脳内神経伝達物質に作用するから。

でも、だからといって、カプセルの中に直接ドーパミンやらアドレナリンやらが詰まっているわけではありません。

脳内には神経伝達物質を運ぶトランスポーターという物質もあるのですが、ストラテラが作用するのは、このトランスポーターのほう。

トランスポーターとは、脳内に放出された神経伝達物質の回収役。使い終わった物質を元の場所に回収して再利用するための、いわばお片づけ役のような存在です。

ADHDの人の脳では、このトランスポーターの働きが過剰で、必要以上にドーパミンやノルアドレナリンを片付けてしまうので…

結果、ドーパミンとノルアドレナリンが不足して、集中力や学習能力が低下します。

トランスポーターが働き過ぎるということは、その作用を弱めてあげれば、神経伝達物質の量が本来の量に近づきますよね。

じゃあ、それを薬でやりましょうというのがストラテラというわけなのです。

ストラテラとコンサータ、2つのADHD治療薬の違いって?

ストラテラと同じような仕組みで働くADHD治療薬に、コンサータがあります。

ストラテラもコンサータも、トランスポーターの働きを阻害するという点は一緒です。

では両者の違いはどこにあるのかというと、コンサータが中枢神経に直接作用する中央神経刺激薬であるのに対し、ストラテラは神経を刺激しない非中枢刺激薬。

コンサータは神経に直接作用する分、効果が表れるのが早いのですが、反面、飲み方を間違えると依存性や乱用のリスクも持ち合わせます。

そのため、コンサータは第三者機関により厳重に管理され、認定を受けた登録医師と登録薬剤師にしか処方ができません。

関連記事)
ADHD治療薬コンサータの副作用と依存性について≫

一方のストラテラは、神経に直接作用はしない薬。ノルアドレナリンのトランスポーターだけを狙って作用するので、脳内の他の神経伝達物質への影響が少なく、副作用も少ないとされています。

ストラテラは飲み始めてからADHDに効果が出るまでは数週間の時間がかかりますが、その分、依存性が低く、安全性も高いのが大きなメリット。

コンサータは前述のとおり認可制のため処方できる病院が限られますが、ストラテラはどの医師、どの病院であっても処方が可能です。

ここまでの特徴を見ると、コンサータよりストラテラのほうが優れているようにも思えますが、薬の効果には個人差も大きく、どちらが良いとは一概には言い切れません。

どちらにせよ、ADHDの薬は病院に行かなければ処方してもらえないので、薬の処方に際しては、担当医師の説明をよく聞いてみましょう。

bnr_adhdmanual_640
HPが少々怪しい印象を受けてしまうのですが、著者は発達障害のコーチング・カウンセリングを専門とする会社の経営者。机上の空論ではなく現場での経験から「どうすればADHDを改善できるのか」を具体的に教えてくれます。なかには驚くような内容もありますが、一度先入観を捨てて読む価値があるマニュアルです。

ADHD改善マニュアル公式HPへ≫