コンサータがADHDに効果のある仕組み。なぜ飲み薬でADHDが改善できるのか?

黄色と白のカプセルが入った薬のシートの写真ADHDの代表的な治療薬のひとつである、コンサータ。

ADHDは体の病気ではなく行動に症状が出るものなので、飲み薬でなぜADHDが改善されるのか不思議に思う人も多いのではないでしょうか。

薬で行動が変わるなんて怖い、不自然だ、と感じる人もいるでしょう。

でもこれ、反対に考えてみると…

薬で症状が改善できるということは、ADHDが気持ちや性格の問題ではないということの表れでもあります。

薬の乱用はあってはならないことですが、効果的に使えば、コンサータはADHDの人にとって、大きな助けとなる薬。

正しい判断は正しい知識から、ということで、まずコンサータがADHDに効く仕組みを知っておきましょう。

スポンサードリンク

ADHDの原因は、神経伝達物質ドーパミンやノルアドレナリンの不足

私たちの脳内には神経伝達物質というものがあって、それらが脳内で情報を運ぶ役目をしています。

ADHDの人は、脳内で集中力や学習を司る、ドーパミンやアドレナリンという神経伝達物質が不足しており、それらが注意力散漫や落ち着きのなさなどの症状を引き起こしていると考えられています。

脳内で集中力をコントロールする物質が足りないので、本人の意思とは関係なく、集中したくてもしようがないんですね。

じゃあ、足りない部分を補ってあげればいいよね、というのがコンサータ。

コンサータは、これらドーパミンやノルアドレナリンの働きを補うことで、ADHD特有の症状を改善する薬です。

スポンサードリンク

コンサータが脳内神経伝達物質に作用する仕組み

コンサータがADHDの症状に効果があるのは、ADHDの原因となる脳内神経伝達物質に作用するから。

でも、だからといって、カプセルの中に直接ドーパミンやらアドレナリンやらが詰まっているわけではありません。

脳内には神経伝達物質を運ぶトランスポーターという物質もあるのですが、コンサータが作用するのは、このトランスポーターのほう。

トランスポーターとは、脳内に放出された神経伝達物質の回収役。使い終わった物質を元の場所に回収して再利用するための、いわばお片づけ役のような存在です。

ADHDの人の脳では、このトランスポーターの働きが過剰で、必要以上にドーパミンやノルアドレナリンを片付けてしまうので…

結果、ドーパミンとノルアドレナリンが不足して、集中力や学習能力が低下します。

そこで、トランスポーターの働きを抑制することで、ドーパミンとノルアドレナリンの不足を防ぐのがコンサータの作用。

神経伝達物質を補うというより、減らさないという表現のほうが近いかもしれませんね。

コンサータを服用することで得られる、ADHDの改善効果

ADHDの症状には、大きく分けて不注意、多動、衝動性の3つがありますが、コンサータはこれらすべての改善に効果があります。

もうちょっとわかりやすく言うと、コンサータを服用することで、ADHDの人も落ち着いてひとつの作業に集中することができるようになります。

机に向かって勉強したり、ひとつの家事や仕事を途中で投げずに最後までやれるようになるということですね。

ただし、コンサータはADHDの人すべてに効果があるわけではありません。一般的に言われている、コンサータの有効性は約70%。

残りの30%は、コンサータを飲んでも効果がないということです。

また、コンサータはあくまでも対症療法であり、飲み続けることでADHDを根本的に治せる薬ではありません。

飲むのを止めれば、神経伝達物質の量が元に戻り、ADHDの症状も元に戻ってしまいます。

コンサータは従来のADHD治療薬に比べて依存性が低く、比較的安全性が高いとされている薬ですが、決して万能薬ではないということは、覚えておいたほうがよいかもしれません。

bnr_adhdmanual_640
HPが少々怪しい印象を受けてしまうのですが、著者は発達障害のコーチング・カウンセリングを専門とする会社の経営者。机上の空論ではなく現場での経験から「どうすればADHDを改善できるのか」を具体的に教えてくれます。なかには驚くような内容もありますが、一度先入観を捨てて読む価値があるマニュアルです。

ADHD改善マニュアル公式HPへ≫