ADHD治療薬ストラテラとコンサータは何が違う?2つの薬の作用の違い

虫眼鏡で何かを調べている白衣の少女の写真現在、ADHDの薬として日本で広く使われているのは、ストラテラとコンサータの2つ。

ADHDの薬物療法を受ける場合、このどちらかが処方されることになるでしょう。

では、ストラテラとコンサータでは、いったい何が違うのか?

ADHD治療薬、ストラテラとコンサータの違いについて説明します。

スポンサードリンク

そもそも、どうして薬でADHDが改善するのか?

分子模型の写真ADHDは心の病でもなければ、気分や気持ちの問題でもありません。脳に起因する発達障害であり、本人の意思とは関係なく起こる問題です。

ADHDの原因は完全には解明されていませんが、脳内で情報を伝達する神経伝達物質の働きに大きな原因があるとされています。

私たちの脳内では、神経伝達物質というものが情報を運ぶ役割をしています。

ADHDの人の場合、集中力や学習能力を司るドーパミンやアドレナリンという神経伝達物質の働きが不足しているため、脳内で情報の整理整頓をすることができません。

頭の中で情報が上手に伝わらないので、注意を集中することが苦手なんですね。

ストラテラとコンサータは、ADHDの人に不足しているこれら神経伝達物質の働きを補うことで、ADHDに特有の症状を改善しようという薬です。

薬で行動が変わるなんて怖いというイメージを持っている人も多いと思いますが、薬が効くということは、ADHDが気分の問題ではなく、脳の器質的な障害であることの表れと考えることもできるのではないでしょうか。

ストラテラもコンサータも、神経伝達物質に作用するという点では同じですが、その働きかけ方がそれぞれ少し異なります。

スポンサードリンク

コンサータは中枢刺激薬。脳の神経に直接作用する

コンサータは、脳の神経に直接作用する、中枢刺激薬という分類の薬です。

神経に直接作用してドーパミンの分泌量をコントロールするため、効果が出るのが早いのが利点です。

一方、神経に直接作用するので、脳の広い範囲に効果が及び副作用が出やすいこと、依存のリスクがあるというデメリットがあります。

コンサータは依存性や危険性が取り沙汰されやすい薬なのですが、これは、コンサータ以前に使われていたリタリンという同じ成分の薬が悪用・乱用されて、大きな社会問題になったため。

この問題以降、ADHDへのリタリン処方は禁じられ、コンサータは登録医師と登録薬剤師にしか処方できないよう、厳重に管理されるようになりました。

コンサータに依存症のリスクがあることは事実ですが、コンサータは問題になったリタリンと違い、徐放剤という特殊な加工がされています。

徐放剤とは、薬がゆっくり溶け出す加工のこと。これにより薬の血中濃度の上がり方をゆるやかにして、依存性を低めています。

コンサータがADHDに効く仕組みやリタリンの乱用問題については、別記事で解説していますので、詳しくはこちらもお読みになってみてください。

コンサータがADHDに効果のある仕組み。なぜ飲み薬でADHDが改善できるのか?≫

コンサータの成人ADHD適応が遅れた理由、リタリンの乱用問題≫

ストラテラは非中枢刺激薬。神経には作用しない

もうひとつのADHD治療薬、ストラテラは非中枢刺激薬で、神経には作用しません。

ADHDの原因は神経伝達物質であるという話をしましたが、ストラテラはこの物質を運ぶ、トランスポーターというものに作用する薬です。

ドーパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質は、脳内に放出された後、このトランスポーターによって回収され、再利用されます。

トランスポーターは、いわばお片付け屋さんみたいなものですね。

ADHDの人の脳ではトランスポーターの働きが強すぎて、まだ神経伝達物質が必要な時でも、サッサと片付けをしてしまいます。

その結果、ドーパミンやノルアドレナリンが足りなくなり、問題行動につながってしまう…というわけ。

ストラテラは、ノルアドレナリンのトランスポーターの働きを弱めることで、本来必要なノルアドレナリン量をキープさせる薬です。

神経に作用するコンサータと違い、ノルアドレナリンのトランスポーターのみという狭い範囲での作用なので、依存性は極めて低く、副作用も少ないとされています。

それゆえ特に認可制などは設けられておらず、ストラテラはどの医師でも処方が可能。

デメリットは即効性がないことで、ストラテラ服用開始からADHDへの効果が出るまでには数週間の時間が必要です。

コンサータとストラテラの違いまとめ

  • コンサータ … 神経に直接作用するので効果が出るのが早いが、副作用・依存性のデメリットがある。処方できる医師・薬剤師が限られる。
  • ストラテラ … トランスポーターのみに作用するので副作用・依存性は低いが、効果が出るのに時間がかかる。どの医師でも処方が可能。

bnr_adhdmanual_640
HPが少々怪しい印象を受けてしまうのですが、著者は発達障害のコーチング・カウンセリングを専門とする会社の経営者。机上の空論ではなく現場での経験から「どうすればADHDを改善できるのか」を具体的に教えてくれます。なかには驚くような内容もありますが、一度先入観を捨てて読む価値があるマニュアルです。

ADHD改善マニュアル公式HPへ≫