ADHDの治療って何するの?ADHDの3つの治療方法

白衣の人物がチェックリストにマークを付けている写真ADHDは、落ち着きのなさや集中力の欠如という症状から、本人の性格ややる気の問題だと誤解されやすい障害です。

でも、ADHDは脳に原因のある、れっきとした発達障害。

本人の気持ちだけで、どうこうできるものではありません。

ADHDは治療で改善できるのか?
病院ではどのような治療が行われるのか?

ADHDの3つの治療方法について説明します。

スポンサードリンク

ADHDの代表的な治療方法3つ

現在、精神科や心療内科などで行われているADHDの治療方法は、主に次の3つです。

  • 薬物療法
  • 心理療法
  • 環境調整法

一般的には、薬物療法をメインにしながら、年齢や状況に応じてその他の治療方法を組み合わせていきます。

ただ、誤解してはいけないのは、ADHDには治るとか、完治するという概念はないということ。

ADHDは一種の体質のようなものであり、一生涯付き合っていくものです。

ADHDの治療とは、ADHDの人がどんな時にどんな反応をするかを知り、それらの適切な対処法を覚えていくこと。

障害そのものをなくすことはできませんから、障害といかに上手く付き合っていくのかということが重要です。

では、上記3つの治療方法について、それぞれ詳しく説明していきますね。

スポンサードリンク

ADHDの治療方法(1)薬物療法

処方箋の袋に入ったたくさんの薬のシートの写真ADHDのメインの治療方法となるのが、飲み薬による薬物療法です。

薬で行動が変わるなんて怖いと思う人が大半だと思うのですが…

薬が効くということは、ADHDが気持ちの問題ではないことの裏返しだと考えることもできるのではないでしょうか。

ADHDの原因は完全にはわかっていませんが、脳内の神経伝達物質の働きが弱いことが、大きな原因として考えられています。

神経伝達物質とは、脳内で情報の受け渡しを行っているもの。ADHDの人の脳では、学習能力や意欲を司るドーパミン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の働きが弱いことがわかっています。

そのため脳に入ってきた情報をうまく整理整頓することができず、集中できない、落ち着きがないなどの問題行動につながってしまうんですね。

ADHDの薬は、これら神経伝達物質に働きかけ、不足した分を補うことで、ADHDの症状を改善するもの。

代表的な薬にはストラテラコンサータがあります。いずれも処方薬であり、市販薬はありません。ADHDの薬物療法を受けるには、病院でADHDの診断を受けたうえで、薬の処方を受ける必要があります。

それぞれの薬がADHDに効く仕組みについて知りたい方は、下記の記事も合わせてお読みください。

ストラテラがADHDに効く仕組みについて≫

コンサータがADHDに効く仕組みについて≫

ADHDの治療方法(2)心理療法

thum_464心理療法は、心理学的なアプローチやカウンセリングでADHDの問題行動を改善していく治療方法です。

具体的には、行動療法、認知行動療法、コーチングなどの手法が用いられます。

行動療法は、良い行動にはご褒美、悪い行動には罰を与えることで、その場に応じた適切な行動ができるように訓練する方法。

子供のADHDの治療においては、ペアレントトレーニングといって、両親が発達障害の子供をしつける訓練が行われています。

認知行動療法は、ADHDの人が陥りやすいネガティブな考え方のクセを修正し、メンタル面からADHDの支援と改善を図る方法。

ADHDの人は、普通の人と同じようにできないことで、自信喪失や自己否定などのマイナス思考に陥ったり、うつ病を併発することが多いため、これをサポートしていきます。

コーチングは、目標設定と達成度合いのチェックを繰り返し行うことで、ADHDの人が抱える問題を潰していく方法です。

ビジネスで言われるコーチングとADHDのコーチングは少々勝手が違うため、ADHDの治療にあたっては、発達障害に十分な理解の経験のあるコーチ及びカウンセラーが必要になります。

ADHDの治療方法(3)環境調整法

椅子やグリーンの置かれた部屋のインテリア写真環境調整法は、ADHDの特性を踏まえたうえで、ADHDの人が過ごしやすい環境を整える方法です。

例えば、注意力散漫になるのを防ぐために机をパーティションで仕切る、ポスターや書類をたくさん壁に貼らないようにする、など。

生活環境を整えることで、ADHDの問題行動が出ないようにしていきます。

治療というよりは、ADHDとの上手な付き合い方を学ぶと言ったほうが近いかもしれませんね。

以上、ADHDの3つの治療方法をご紹介しました。

どこに行けばADHDの治療が受けられるのかは、下記の記事で詳しく触れていますので、よろしければ合わせて参考になさってください。

ADHDの診断方法。ADHDはどこで、どのように診断するのか?≫

bnr_adhdmanual_640
HPが少々怪しい印象を受けてしまうのですが、著者は発達障害のコーチング・カウンセリングを専門とする会社の経営者。机上の空論ではなく現場での経験から「どうすればADHDを改善できるのか」を具体的に教えてくれます。なかには驚くような内容もありますが、一度先入観を捨てて読む価値があるマニュアルです。

ADHD改善マニュアル公式HPへ≫